前へ
次へ

自然災害にあいにくい賃貸マンションを選ぶ

不動産屋などで賃貸マンションを選ぶ時には、自然災害にあいにくいマンションを選択します。例えば、近くに大きな河川がある場合は、大雨などが降った時に洪水の被害にあう可能性があります。そうなると、マンションの敷地内に川の水が流れてくる可能性があり、床下浸水する可能性も否定できないです。特に1階に住む人は、その被害にあいやすいのでなるべく大きな河川の近くのマンションを借りないようにします。また、過去に洪水の被害にあったことがあるのかを確認するのがおすすめです。また、近くに山などがあると土砂災害の被害にあう可能性があります。特に台風が多い地域になると、土砂災害が起こる確率が高くなるので注意が必要です。さらに、日本では地震が多いのでなるべく耐震強度が弱くなっている賃貸マンションに住まない事も重要です。築年数がかなり経過しているマンションも多いですが、そのようなマンションの場合だと耐震強度がかなり弱くなっている可能性があるのでなるべく新しいマンションを選んだ方が安心できます。

Page Top